きろく

個人的な記録の置き場所。スーパードルフィーに関してがメイン。

野外撮影に挑戦

 ドルパで購入した服をりんに着せたら、春っぽかったので、思い立って野外撮影に挑戦してみた。天気も良かったし。でも風が強かった。

 

 人目を忍びつつ撮影ができそうな場所を求めて、自転車でふらふら。

 何もない公園というか、ただの緑地にたどり着いた。

 

 誰もいないことを確認し、カメラを出し、キャリーバッグからりんに御出座願って、でも即タオルで隠す。

 紫詰草の咲いている草地に立たせてみたら自立したので

「お、いけるじゃん!さぁ撮るぞ!」

とカメラのファインダーを覗いた瞬間、りんが背面ダイブ。草むらだったからクッションがきいてノーダメージだったが、心臓に悪い。スタンドも持ってきていたので使うことにした。前方に倒れなくてホントに良かった…。

 

f:id:l_912y:20160507124637j:plain

目がウィッグに隠れすぎた。

 

 誰か来やしないかと気になって集中できず、いそいそと撮影したが、それでも今までにない写真が撮れた。「屋外」の光や奥行きがもたらすアドバンテージは、これほどまでに大きいのか。

 

f:id:l_912y:20160507124735j:plain

草原で風に吹かれる。

 

f:id:l_912y:20160507124833j:plain

f:id:l_912y:20160507124753j:plain

 小さな公園だったが、ドールスケールで見れば広い場所のようにも見える。

 

f:id:l_912y:20160507124942j:plain

これはキャリーバッグに仕舞われる前。花壇の脇に腰掛けているところ。風もあってウィッグが乱れ髪。

 

 何事にも言えることだが特に屋外なら尚更に準備が大事だ。あとはうまく人目を忍べる場所を見つけられるか。それさえ叶えば、屋外撮影はかなり良い。

広告を非表示にする