きろく

個人的な記録の置き場所。スーパードルフィーに関してがメイン。

Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N

 我は夜の名を授かる者

 一夜を開け放つ者

 世の有様を写し撮る者。

 

 なんてな。

 フォクトレンダー単焦点のマニュアルフォーカスレンズ、NOKTON 58mm F1.4 SLII Nを購入した。初めての非純正だしF値1.4もMFも初めて。

f:id:l_912y:20161007183531j:plain

チャコールグレーの箱。ニコンの派手な箱よりも随分カッコいい。

 

 このレンズを選んだ理由は、

・F1.4を試してみたかった。

・マニュアルフォーカスレンズを楽しんでみたかった。

・安かった。

な感じ。

f:id:l_912y:20161007191656j:plain

重量320gあってズシリとする。フォーカスリングはシットリとした感触で気持ちいい。最短撮影距離の0.45mから無限遠までは半周以上回す必要がある。しっかりピントを合わせるにはこの方が良い。レンズキャップはなんか貧弱ですぐに外れそう。

f:id:l_912y:20161007191831j:plain

大口径の大きな前玉。

 

 購入を決意した頃には、何処の店舗でも「お取り寄せ」になっていた。値段的にはカメラのキタムラが安かった(と記憶している)ので近所のキタムラで注文したのが7月9日。注文した時に「だいたい1ヶ月以内には入荷すると思う。2ヶ月以上入荷しないようならメーカーから何か連絡があると思う」って聞いていたが、2ヶ月が経つ頃に後継機のSLII Sの発表とSLII Nの生産終了が公式に発表された。

「あぁ、こりゃ手に入らないか…」

と諦めて、お店に行くと

「まだメーカーからは連絡がないので、入荷の可能性はある」

との話。

 それからさらに1ヶ月。注文から3ヶ月。仕事中に連絡が入って「入荷した」と言うじゃないか。多分、最後の注文分を生産して完了なのかな。すっかり諦めていてホントに入荷するとは思っていなかったから、天使の里に行ったりフルチョイス(この2つはもともと予定していたけど)したりサブカメラ買ったりして

「今後、当分は散財を控えなくては」

と思っていたのに…

 

 解放だと減光もそれなりに大きい。f2.8くらいから気にならなくなると思う。解像感はf8.0がピークかと。

 

f:id:l_912y:20161008163914j:plain f 1.4

 

f:id:l_912y:20161008163948j:plain f 2.0

 

f:id:l_912y:20161008163952j:plain f 2.8

 

f:id:l_912y:20161008163956j:plain f 4.0

 

f:id:l_912y:20161008163959j:plain f 5.6

 

f:id:l_912y:20161008164002j:plain f 8.0

広告を非表示にする