きろく

個人的な記録の置き場所。スーパードルフィーに関してがメイン。

SD13 F-58 フルチョイスモデルお迎え in 自宅

 アッチの4thチルドレンは誰だっけ?鈴原トウジ?あいつはイキってた割に大した活躍もないまま再起不能になっていたが、ウチの4thチルドレンはなかなか凄い。

 ま、それはさておき。

 

 「10月初日にフルチョイスをして、間も無く2ヶ月。そろそろ送られて来る頃だな」

と気づいた11月末日。お迎えも4体目になるとドールスペース(棚)が甚だ手狭なので、幅を90cmから120cmにする拡張工事を行なっていた。その新しい棚の設置を終えた、まさにそのタイミングで玄関のチャイムが鳴った。

「もしや、ウチの4thチルドレン?」

と思ったら、ウチの4thチルドレンだった。送られてくる前の連絡なんかは一切無いが、ホントに2ヶ月ちょうどでやって来た。

スゲーぜ。

f:id:l_912y:20161130183459j:plain

まだ棚以外はとっ散らかったままだが来ちゃったんなら仕方あるめぇ。我慢なんざ出来ようはずもねぇやな、ドールスペースの拡張工事は休工でい。

 はりきって、お迎えの儀である。

 

 

 宅急便ってちょっと不安だなぁと思っていたけど、梱包のダンボールは二層の頑丈なタイプだった。

f:id:l_912y:20161130203820j:plain

これなら納得。まぁ自宅発送なんて沢山あるだろうから、わざわざ案ずるまでもないことだろうけど。

 ダンボールの封印を解くと、まずオプション品が姿を現した。その下には里限定タイプの白い箱が見えているが、はやる気持ちを抑えてオプション品を1点づつ指差し呼称で確認する。

f:id:l_912y:20161130183728j:plain

お迎えドレスと下着セット良し。追加ウィッグ2点良し。追加ハンドパーツ2点良…と、追加ハンドパーツに「指差し手(ゲッツ手?)」が入っている。注文した記憶になかったので、オーダーシートを確認したら確かに追加されていた。確かに、追加はされていたのだが、それでもなお

「こんなの注文したっけ?」

思わず独り言がこぼれる。あまり使い道がなさそうだけど、ま、いっか。

特別グラスアイは本体の箱の方に入れられており、わざわざ手書きメモが添えられていた。

f:id:l_912y:20161130184040j:plain

この「手書き」というのがなんか良いが、「す」の字のクセがかなり強い。

 

 はい、箱をオープン。箱も特別なら中の包装紙(?)もなんか金色で印刷されていて特別だ。

f:id:l_912y:20161130184646j:plain

ここに取説類、デフォルトウィッグとブラシとかの付属品と特別グラスアイが入っている。続きまして白いお布団をめくりましては、

「では、ここから先はオーナー様の手で…」

ってお約束を振ってくれる人がいないので、一人粛々と梱包の緩衝シートを外してまいります。

いざ、ご対面!

 

「…あんた、誰…?あれ?これってホントにF-58なの?」

というのが率直な感想。なんか全然58番ヘッドに見えなくて戸惑った。

f:id:l_912y:20161130184950j:plain

「まさか間違えられた?いやいや大量生産でポンポン作ってるわけじゃ無いだろうし、検品とかもあるでしょ」

なんて自問自答もするわな。ヘッドパーツの内側にはF-58の刻印も確かにあるし。

「あれかな?まだグラスアイが入ってないし、ウィッグも着けてないから印象が違って見えるのかな?そうか、そうに違いない。これで解決だ」

グラスアイを嵌めて入魂。まだ58番ぽくない感じがする。美人だけどね。

f:id:l_912y:20161130193113j:plain

「よかろう、ならばウィッグだ」

お迎えドレスを着せてウィッグをかぶせてみたけど、やっぱり58番ぽくない(こんな言い方をしているとネガティブな感じだが、そんなつもりは断じてない)。

f:id:l_912y:20161130215734j:plain

結局ご対面から1日経っても2日経ってもやっぱり58番に見えない。58番ヘッドは化けやすいタイプなのかな。画像検索とかで見る限りはどの子も58番らしく見えるけど、うちに来たこの子は大化けした子なのだと理解した。

スゲーぜ。

第一印象はこんな感じ。

 

 お迎えから3日目。追加ウィッグのシャギーストレートのナチュラルを被せたら、急に58番ぽくなった。こっちのウィッグをデフォルトウィッグにしとけばよかったってくらいに似合っている。

f:id:l_912y:20161201223759j:plain

ドールに興味を持つきっかけになったビスクドールにとても似た雰囲気になった。こんなに化けるとは…

スゲーぜ…。

 お迎え前から考えていた名前(琳をお迎えする時に候補にしていて、結局お蔵入りした名前。響きが気に入っていた)が第一印象では似合わないと感じられたが、ウィッグを変えたらハマったので、この子の名前は「志季」に決めた。

 

 今回のメイクで一番気に入っているのは口元。輪郭はもう少しボヤかした方が好みだったが(輪郭の指示は忘れていてオーダーしてない)、「口幅を狭めて」と指示をしたらプルプルのグロスと相まって可愛い口になった。

 全体的にはクール。クールな中にも可愛らしい唇で色っぽさもある。スゲーぜ。でも案外、幼い雰囲気もなくはない。むしろ美弥の方が柔らかい雰囲気ながらも大人っぽく感じる(でもお胸は志季の方がワンサイズ上なんだけどね)。琳と歩宇もそうだ。琳の方が美人顔で歩宇は可愛い顔だが、並ぶと歩宇の方がお姉さんっぽく感じる。

 

 グラスアイを取り付ける時にヘッドを外したら、首に自立パーツが張り付いていた。これもオーダーしたことを忘れていたので、

「なんか変なのが張り付いてる!」

とびっくりした。

f:id:l_912y:20161130192238j:plain

自立パーツはKIPSより少し関節が硬くなるかな。保持力はあまり変わらない気もするけど、KIPSみたいにハミ出して見えたりしないので良い。

 

 先日気がついたが、今年になって1月に琳、10月に歩宇、そして志季。3体もお迎えしてる…。ペースが早すぎる。美弥をお迎えした時は「この1体だけで十分だぜ!」とか本気で思っていたものだが、ドールは仲間を呼ぶってのはマジなんだな。まぁでも志季が来て揃った感じもする。何が揃ったのかワカランが。気になるヘッドはまだまだあるが(SDMでは29、33、37、47あたり。SDでは34、43、48、56。あるいは26を追加するのもありだよなぁとか考えて切りが無ぇわ)少なくとも来年はお迎えが無いようにして、また野外での撮影とか他の事にチャレンジしてみたい。

 

 自宅お迎えの場合は当然ながらドールアドバイザーさんの立会いがないので、フルチョイスSD出生証明書にドールアドバイザーさんの印が押されない。それが少し気になる。

 

広告を非表示にする