きろく

個人的な記録の置き場所。スーパードルフィーに関してがメイン。

PrincessRoseさんのドレス

 ドルパ33で購入したPrincessRoseさんのドレスを着せてみた。

 正しくは何と言うのか?単にドレスでググってもウェディングドレスばかり出てくるし、ロリータドレスだとボリュームが少ないし。中世ドレスもなんか違う気がする。
 まぁそれは置いておいて。
 オフ白地に赤い小薔薇柄。
 パーツはペチコート、ワンピース、タブリエ、サッシュ、スカーフ、帽子、ブローチ、クリップの8点。なんと豪華なのか。
 まずペチコートを履かせたら、こいつが邪魔になってワンピースが着せられなかったので、先にワンピースを着させてからペチコートを履かせた。次にタブリエなる初耳のパーツ。princess roseさんのホームページで知りました(サッシュも知らなかった)。今にして思えば、確か会場でも説明をいただいていたような気がしないこともないのだけど、聞いたことの無い名称故に右から左だったのだと思う。でも確か「タブリエ」って単語が出ていたような…
 まぁそれは置いておいて。
 ワンピースを着せてからタブリエを着せる。
 ここまではいい。ここまではドレスとかの知識なんてなくても自分の頭で考えれば着せられる。
 次にスカーフを手にとって、考えた。四角い白い布の淵にレースが付いていて、角に赤いリボンがあしらってある。ちょうどハンカチくらいの大きさで、「購入のおまけについてきたハンカチかな?」とマジで勘違いした。同封されていた写真をよく見たら三角形にして腰に巻いて垂らしているっぽかったので、エプロンとして認知した。写真にならい、三角形に折って腰に巻きつけるが紐やボタンが付いているわけではない普通のスカーフなので、そのままでは簡単に落ちてしまう。そこでサッシュリボンだ。スカーフを押さえるようにサッシュを巻いて結ぶ。でサッシュの結び目はブローチを止めて隠す。クリップは…ヘアクリップらしいのだが使い道がよくわからないので、とりあえず背中側でスカーフとサッシュを挟んで留めておいた。
 最後にボンネット。こいつは簡単にかぶせられる。しかしボンネットをかぶせると一気に雰囲気が出まくり溢れまくり。
 一言で言ってステキうっとり
 
 
 白地に小薔薇柄は少し幼い印象で、大人っぽい顔のみやに似合うか少し不安だったが、むしろ微妙にアンバランスな感じが良い。
 (PrincessRose様のHPによればスカーフは外出先で敷物に使ったりしても吉、みたいに案内があったので、使い途は自由みたいだ)



 あと、先の記事とかぶるけど誌上限定通販のHGグラスアイRosewoodの色が分かりやすい写真を。

ちゃんとした撮影ブースが欲しいな。作ろうかな。
あと、ハンドパーツが味気ないのでボディメイクしてみようかな。


ドレスがボリューム満点なので、抱き上げた時に重量増を実感できる
創作造形©ボークス・造形村
 
 
Rosewoodの色が綺麗に出た。
創作造形©ボークス・造形村
 
 
寝かせて撮影してみた。ポージングって難しいなぁ…
こまめと一緒に冒険にジャンプ!みたいなイメージ
創作造形©ボークス・造形村
 
広告を非表示にする